ひと夏の馬鹿さわぎ

R-18

ひと夏の馬鹿さわぎ

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    発送までの日数:7日以内
    ¥ 800

「俺、馬鹿なんで……」 真面目な引っ越し作業員、加地桐一。 いつもけだるげなバイト、岡田騎央。 気づけばいつもいっしょにいる。いっしょに仕事をする。いつもとなりにいる。 なのに、桐一はひょんなことから騎央を意識しはじめてしまう。 どう考えたって、男が男相手に抱く感情ではない。 なんども自分を否定するが、酔いつぶれたある日、いちどだけキスをしてしまった。 そのキスをきっかけに、ふたりの関係がどんどんおかしくなって……。 刺さるような日差しのなかで、かすかに草の香りがする。 蝉の声がはぜるのを聴きながら、流れる汗をぬぐったら、夏は果てていく。 A6/316P illustration:ジンドウ様

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

「俺、馬鹿なんで……」 真面目な引っ越し作業員、加地桐一。 いつもけだるげなバイト、岡田騎央。 気づけばいつもいっしょにいる。いっしょに仕事をする。いつもとなりにいる。 なのに、桐一はひょんなことから騎央を意識しはじめてしまう。 どう考えたって、男が男相手に抱く感情ではない。 なんども自分を否定するが、酔いつぶれたある日、いちどだけキスをしてしまった。 そのキスをきっかけに、ふたりの関係がどんどんおかしくなって……。 刺さるような日差しのなかで、かすかに草の香りがする。 蝉の声がはぜるのを聴きながら、流れる汗をぬぐったら、夏は果てていく。 A6/316P illustration:ジンドウ様